着物・浴衣のクリーニングならきものやまと。シミや汚れなどの着物のお手入れ、着た後のクリーニング、お仕立て等、きものケアを豊富なメニューで、素敵な着物ライフをお手伝い。安心の着物専門店「きものやまと」は、様々な着物のお悩みにお応えします。

きものケア知恵袋

着物の保管方法は?
着物を長期で保管する時に、
虫に喰われたら?カビが生えたら?変色したら?など、
不安を感じた経験はありませんか?
着物は、「タンスにさえ入れておけば大丈夫」というわけではありません。
思い出の詰まった大切な着物を末永くお召になれるよう、時々チェックをしてみましょう。

1紙の箱での管理は厳禁

着物を購入した時、店で入れてくれる持ち帰り用の箱のままで保管するのは避けて下さい。紙の箱は湿気を吸収し、その湿気は中の着物に影響を及ぼします。桐のタンスでの保管が理想ですが、桐の箱や通常のタンスでも構いません。まず、湿気から守ることを考えましょう。

2半年に一度は虫干しをおすすめ

着物には湿気が大敵。収納場所にかかわらず、半年に一度は虫干しすることをおすすめします。長期間しまっておくと、湿気がたまり着物が痛みますから、時々風を通すことが大切です。

虫干しのポイント

虫干しに最適な時期は?

元々、虫干しとは、夏の時期に付いた虫のタマゴがかえる頃、虫を落とす為に10月~11月に行なうものを虫干しと呼びました。
現在では、
・7月~8月の土用干し
・10月~11月の虫干し
・1月~2月の寒干し
の年に3回が適していると言われています。
その中でも、年間を通して最も湿度の低い時期に行なう寒干しは、効果の高いお手入れ方法といえます。

虫干しに最適な天気は?

晴天が2日以上続いた天気の良い日を選んで下さい。
その日が晴天でも、前日が雨だと、地面から湿気が上がってくるので、2~3日待つようにします。時間は午前10時頃から午後2時頃までの間が良いでしょう。

虫干しに最適な場所は?

場所は陽の当たらない、風通しの良い部屋で行ないましょう。
但し、窓際は厳禁。また、鴨居に掛ける際は必ず部屋の奥を使用し、衣紋掛けか着物ハンガーに吊るして必ず陰干しをして下さい。
※常温での虫干しが基本です。ファンヒーター等による加温は、却って逆効果になってしまいます。
※たとう紙や風呂敷などは日光に当てて、乾燥させておくと良いでしょう。

もっと虫干しをラクに済ませたいときは?
ぜひご相談ください。
お客様の大切なお着物をお預かりし、やまとの技術で湿気による縮み、カビ発生、虫喰いを防ぎます。

虫干しをもっとラクにしたいーお手入れ詳細へ

前の章へ次の章へ
お近くのやまとを探す
メールでご相談
WEBで京洗い・きもの京洗い・洗張り専門店=きものケア.com
WEB限定 きものケア10%OFFクーポン
きものやまと オフィシャルサイト
the yard渋谷 ジェンダーレスな着物
男のきものテーラー ワイアンドサンズ
きものやまと情報発信中。全国に123店舗。着たいを叶え、期待に応えます!