着物・浴衣のクリーニングならきものやまと。シミや汚れなどの着物のお手入れ、着た後のクリーニング、お仕立て等、きものケアを豊富なメニューで、素敵な着物ライフをお手伝い。安心の着物専門店「きものやまと」は、様々な着物のお悩みにお応えします。

きものケア知恵袋


半衿をきれいにしたい…

着物姿で顔を引き立たせるポイントの一つが長襦袢の半衿です。
しかし、衿元は首の皮脂、ファンデーションなどが付いて、
汚れやすい箇所でもあります。
半日程度の着用でも、衿山は案外汚れています。
汚れを放置しておくと黄ばみやシミの原因となるので、
その日のうちに長襦袢から外して洗うことを おすすめします。
「その日の汚れは、その日のうちに…」
こまめなお手入れがお洒落の秘訣です。

半衿の洗い方

まず、素材の確認をしましょう。 正絹、ポリエステル、麻、交織などの半衿があります。

◇正絹素材
ぬるま湯に中性洗剤を入れてしばらく漬け置きした後、柔らかい毛先の歯ブラシ等に 中性洗剤をつけて軽くこすりましょう。
正絹は、摩擦に弱いので、強くこすると繊維が毛羽立ってしまいますのでお気をつけ下さい。
洗い終わったら、水でよくすすぎ、タオルに挟んで水気を取ります。
その後、陰干しし、半乾きの状態で当て布をしてアイロンを掛けましょう。

◇化繊素材
ポリエステルなどの化繊半衿は、洗濯機で洗うことが出来ます。
但し、刺繍半衿の場合は、ほつれてしまう恐れがありますので、手洗いをおすすめします。
手順は、正絹素材と同様に行って下さい。

※生地や刺繍糸が濃色の場合は、色落ちの可能性がありますのでご注意下さい。


半衿をもっとラクにきれいにしたいときは?

当社の「半衿・京洗い」がおすすめです。
職人が洗いからアイロン掛けまで丁寧に行い、
半衿を美しい状態に甦らせます。
是非、ご相談下さい。

半衿・京洗 加工期間20日間※正絹・化繊共/加工料金(無地半衿)1,000円、(刺繍半衿)2,000円
前の章へ次の章へ
お近くのやまとを探す
メールでご相談
WEB限定 きものケア10%OFFクーポン
WEBからお申込みできます。京洗い・きもの京洗い・洗張り専門店=きものケア.com
きものお預かりサービス「着物ボックス」webと店舗で受付中!
きものやまと オフィシャルサイト
the yard渋谷 ジェンダーレスな着物
男のきものテーラー ワイアンドサンズ
きものやまと情報発信中。全国に123店舗。着たいを叶え、期待に応えます!